マッサージを受けるなら整体か出張マッサージが便利

カテゴリー

おすすめコンテンツ

isi2

交通事故治療とは

交通事故治療とは、歩行中や運転中などに発生してしまった交…

交通事故治療とは

isi2

交通事故治療とは、歩行中や運転中などに発生してしまった交通事故の後に起きたむち打ち症等の痛みや吐き気などの症状や事故の後遺症の治療のことを指す。
治療は主に自賠責保険で行われるので治療費や診断書料を被害者である患者が負担するケースは一般的には無い。
治療を受ける際には事故の発生日時や状況、症状を詳しく伝えることが望ましい。
症状に合わせて電気療法や冷温法、マッサージやテーピングといった治療やリハビリが行われるのである。

交通事故治療について

交通事故は近年数を減らす傾向にある。
しかし、交通事故は毎年発生しており、交通事故で怪我をしたら交通事故治療しなければならず、特に事故の後遺症で一番多いのはムチウチである。
ムチウチの症状としては吐き気や痛みがあり、治療を間違えれば長期間かかる場合がある。
その治療に効果的なのがマッサージである。
マッサージにより患部だけではなく肩から背骨そして腰や足を丁寧にもみほぐすことで、後遺症にならないように背術をすることが短期間で治療できる。

交通事故治療のマッサージの方法

交通事故治療において整骨院などでできるのがマッサージ治療である。
マッサージ治療と言っても、骨折などしている場合は行えないので、テーピングや装具などで固定し冷却などをする治療が行われる。
交通事故治療では、電気治療や鍼灸治療などの他の治療法と組み合わせて行う事でよりマッサージの効果があるとされている。
主に頚部捻挫の後遺症などによる体の痛みや、頭痛、めまい、不眠症や不安神経症などの不調などに有効である。