マッサージを受けるなら整体か出張マッサージが便利

カテゴリー

おすすめコンテンツ

isi2

交通事故治療とは

交通事故治療とは、歩行中や運転中などに発生してしまった交…

腰痛予防のマッサージについて

seitai

腰痛とは、加齢や脊椎の炎症、神経の圧迫により引き起こされる腰の痛みである。
原因は加齢による背骨の変形や、運動不足、姿勢の悪さなど様々である。
腰痛の予防には正しい姿勢を保つこと、適度な運動、マッサージやストレッチなどが効果的である。
特に普段から長時間のデスクワークをする人は、筋肉も硬直し腰痛になりやすい傾向にある。
そのため、一時間に一回、軽く腰を圧迫してマッサージを行い、筋肉をほぐすことが重要である。

腰痛の治療と効果

現在の日本ではおよそ80%以上の人が腰痛経験があるといわれ、心因性による疾患が多くを占める。
その原因は、ストレスの蓄積によって自律神経のバランスが崩れて血流が悪くなったり筋肉が緊張することで引き起こされる。
治療法には鎮痛薬を用いた薬物療法、マッサージや体操による運動療法、精神科・心療内科での心理的療法が挙げられる。
心因性腰痛を予防するには、趣味に打ち込んだり適度な運動をしてストレスを発散させたり、入浴はシャワーだけでなく浴槽に浸かって体を温めることを心掛ければ一定の効果が期待される。

腰痛の対策

腰痛の対策は腰にかかる負担を軽減することとこまめなマッサージをすることである。
腰に負担をかける一番の要因は「座る」姿勢と「立つ」姿勢である。
姿勢をよくすれば腰への負担も軽くなり、腰痛の危険性も少なくなるが、逆に悪い姿勢だと体の1ヶ所に負担がかかり危険性を高める。
座っているときは腹筋を意識して座り、立つときも腹筋を意識し足裏全体で床を踏みしめるように立つことが腰痛の危険性をなくすことができる。
風呂に入ったとき、腰のマッサージをしておくとさらに危険性をなくすことができる。